« world is not mine | トップページ | third eye blind »

2013年3月17日 (日)

from ideas to actions その7 "you"

すっかり暖かくなった。



緩やかに世の中が暖かくなってきて、虫たちが寝床からもそもそと這い出る季節。
世界の音も緩やかに大きくなる。
生き物の呼吸の音だろうか、それとも自分の鼓動の音か。

心地よく気持ちが高揚してくる。
色も徐々に鮮やかになっていくようだ。


春先に、僕はよくサイケデリックな音楽を聴く。
混じりっ気のある音が春の到来に似ていると、勝手に思う。

寒さのせいで塞ぎがちだった目蓋がしっかり開き、世界の美しい色が飛び込んでくる。
鈍くなっていた嗅覚も聴覚も目を覚まし、生命の匂いも音もよく届いてくる。

ひなたぼっこをするような季節には、小説のような特殊な世界に浸るのがいい。
で、そこには音楽があれば尚いい。


51mvr7942al_sl500_aa300_
長い宇宙の旅の記録のように3枚に分けられた”ラジオの精”に関する音楽による物語。
その最後にあたるのが、このGONGの”you”である。
最近ではあまり聞かなくなったいわゆる”コンセプトアルバム”というものだ。

長い長い、小説のような音楽絵巻。
たくさんの不思議で緻密な音ともにラジオの精の話が展開していく。

目に見えない事というのは、可能性を奪う事では決してない。
サウンドは色も匂いも感触もしっかりと伝達できるマイティーツールになりうる。
ただし、それはそのサウンドによって構成された音楽が”世界”を紡いだ時のみだ。


曲一曲ずつを、あるいは、アルバム1枚ずつを切り離して考えてしまうと、GONGが紡ぐこの壮大な物語の世界は真の姿を現してくれないままになるだろう。

そういいながらもこうやって”you”だけを挙げている矛盾もあるが、このあるアルバムはその中でもやはり特殊である。

音楽が総合的な芸術であるという確固たる証拠がこの1枚によく現れている。
僕自身が作家として音楽を作るときに大切にするものは、架空の”世界”の架空の”物語”である。
物語であるという前提は,もともとは別々の一曲一曲を見事に結び付け、巨大な組曲を作り上げる鍵となる。
巨大な絵画、壮大な長編小説、それと同じ位置にアルバムという音楽作品はある。

かつてのクラシック作品の多くは、1曲そのものに章があり、その中で物語が展開していくものであった。
長い時間をかけた感情や景色の移り変わりをミニチュア化したものこそ、時間芸術である音楽の真骨頂である。
自然を切り取った絵画や写真のように、あるいは人生を切り取った映画や小説のように、やはり音楽も何らかの事象の一部を切り取ったものであり、それこそが美しさとなるものだ。


このシリーズで僕の挙げる作品は、いつも決してマスターピースなどではない。
つまりそれがなかったからといって、ミッシングリンクにはならない。
ただ、”知りたい”という欲は、いつでも人を次の場所へと、あるいは遠い昔へと連れて行くきっかけになる。


音楽が未来にどうなるかは、僕にとってはどうでもいい事だし、考えるだけ無駄なのだろうけど、過去にこの”you”のように、音楽が小説とおなじように読み聴きされていた事を僕は忘れたくないと思っている。

考古学は新しい視点を発見するきっかけとなり、新しい視点はさらなる過去への興味を抱かせる。
音楽はどこからきたのか、僕らはこれによって何を伝えようとしてきたのか。


”you”はそういう旅の記録である。

|

« world is not mine | トップページ | third eye blind »

from ideas to actions」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/50422380

この記事へのトラックバック一覧です: from ideas to actions その7 "you":

« world is not mine | トップページ | third eye blind »