« 零式 | トップページ | 永遠の記憶の先に »

2013年2月11日 (月)

from ideas to actions その6 "Died In The Wool"

すごく久々の、断続的音楽考だ。



日本の文化にはもともと、人工的な何かに対して”自然”を混ぜるという風習のようなものがおうおうにしてある。
庭は森や山や海といった自然のミニチュアのように作られ、絵画においても、和紙の独特の質感が空気そのもので、その下地によって生み出される独特の色合いや質感というのがある。

音楽でもそれが言えて、獅子脅しや水禽窟のように自然が起こす音を取り入れたり、”さわり”というノイズ要素を楽器の構造に取り入れたりで、多分にそれを含んでいることが侘び寂びを感じさせ、美しいという感覚がある。

そういうことを考えると、もしかしたら日本ほどノイズ音楽に敏感な国はないのかもしれないと思う。


さて、唐突に話は変わるが、アレンジという音楽制作作業の一部に本格的に興味を持ったのは去年の半ばで、そのきっかけになったのが日本人の若き作曲家である藤倉大氏が手がけた、デヴィッド・シルヴィアンの”died in the wool”だった。

51wtxzmxdl_sl500_aa280_


このアルバム、この前作にあたる”manafon”のいわゆる変奏曲集である。
manafonは僕的には歴史に残る名盤であるのだけど、この変奏曲集が出て、ほんとに驚いた。

アレンジャーである藤倉氏のあまりにも美しい不協和音感、ノイズ。
理論音痴な僕なんかが言うのはなんなんだけど、非常に緻密に練り上げられた複数の旋律がとても有機的で、どこまでも自然に聴こえる。
それでいてノイズでもある。
ノイズというと、多くは偶発的なものであるが、彼の作り出すそれはコントロール下にあって、限りなくシルヴィアンの歌に近いところに配置されている。

そのサウンドスケープというか、感触がやっぱり日本的なのだ。
自然が人工物に寄り添っている、日本の古くからある文化。

音楽の魅力は言わずもがな時間とともにある偶発性であるけれども、例えばこの”died~”の藤倉大のアレンジのように、コントロールされていながらまるで無作為で自然に音が発せられているようなアレンジが施された作品の美しさは、まさに現代に至って完成された、音楽という芸術の一つの答えであるように思う。

シルヴィアンは優れた作曲家であるけれども、もし藤倉氏がいなかったらこういう曲の側面は間違いなく見えなかっただろう。


僕自身も自分のグループにおいて作曲をする人間だが、このアルバムを聴いた後、メンバーの音のチョイスにより一層興味沸いた。
そこからさらに一歩踏み込むと、誰かの音を自分のものにする面白さに気づき、さらには普段気にもしなかった身の回りの音、そんなものまでもとても新鮮に聞こえる。


シルヴィアンもとても日本の文化に詳しい人であるようだ。
藤倉氏は今、日本の作曲家の中でまぎれもなく最先端のセンスとアイディアを持った人である。


こういう音像こそ、僕を刺激するものだ。
可能性というのはいつも僕を取り巻いている何気ない日常にまだあるようだ。

|

« 零式 | トップページ | 永遠の記憶の先に »

from ideas to actions」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/49321607

この記事へのトラックバック一覧です: from ideas to actions その6 "Died In The Wool":

« 零式 | トップページ | 永遠の記憶の先に »