« still alive | トップページ | 零式 »

2013年1月28日 (月)

その場所

2013、1/27(日)、晴れ。


2007年春から、活動の拠点として、創作の場として、みんなで共有し、共に腕を磨いてきた場所、世田谷は駒沢の"small finger studio"はこの日を持って閉じることになった。


もともと大所帯のバンドであるcubic star minimal orchestraやmaikotobrancoなどのリハーサルや創作ができるようにと、僕とウッドベースのすなやまん、cubic starの初代キーボーディストのもーりー、maikotobrancoのこうどうさんの4人で立ち上げたスタジオだった。


音楽を作り続け、やり続けることはとても難しい。
人生は時とともに変化していく流れだ。
このスタジオでいろんな出会いがあり、たくさんの音楽が生まれる喜びがあって、その一方で別れもあり、難しい局面も何度となくあった。

みんなが集まる場所があるというのは、音楽においてとても重要だ。
そこで時間をかけてじっくりと作品を練り上げることができる。
ところがその逆もあって、そういう場所があるだけに、なあなあになることもあり、中途半端にあることもある。

芸術作品を作ることは、僕にとっては、答えのでない事象に対して何らかの答えを今出すという行為である。
それは時間をかけて出すものではなく、今の自分が今に対して出す答えである。

もしかしたら、僕はこういうマイスタジオがあることで、僕の意思をみんなに伝えることを怠ったのかもしれないな。

cubic starは初期メンバーは僕とすなやまんだけになり、後は皆、後に加入した人たちばかりになった。
このスタジオの立ち上げを知らない人たちばかりだ。
それでもみんな、この場所を大事に使ってくれた。



荷物を出し切った部屋で、僕とすなやまんで、”5年間ありがとうございました”とお礼を言った。

音大時代よりもずっとずっと濃く深く音楽を考えて、たくさんたくさん演奏した場所である。
今までの人生で一番濃い音楽生活をした場所である。

きっとこれからはここで作り上げた自分のバランスで、さらに濃い音楽人生を歩むだろうけど、この駒沢のスタジオで培われたものがあっての今後である。

cubic starや、梯子ノ上デ、maikotobranco、最近仲間に加わったゴリアカラスや高島由美ちゃん、小川晃一氏や柳田健一氏の活動は、このスタジオがなくなっても
終わることはない。
また、レーベルも健在だ。

small finger studioは僕らのマザーシップである。
機は熟した。
船から降りて、陸に上がるとき。

新しい勝負が待っていると思う。
この場所で育て上げたものを武器に、この場所への恩返しにもなるように、必ずたくさんの人に僕らの音楽を届けたいと思う。



ありがと、駒沢small finger studio。
ほんとにありがと。

|

« still alive | トップページ | 零式 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

生きていて人に潰されそうになっても、人に助けられてまた頑張れる。そんな事の繰り返し。この場所から抜け出したいと思ったからこそ、また新たな選択肢が生まれた。いっそのこと楽になりたい思うけど、まだ楽しいこと想像出来る事があると春が楽しみになるね!冬もいいけど、、、また!

投稿: | 2013年2月11日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/48996506

この記事へのトラックバック一覧です: その場所:

« still alive | トップページ | 零式 »