« great deceiver | トップページ | 憂鬱の色 »

2012年10月28日 (日)

foot prints

僕は湯の町に育ったが、その昔、じいちゃんに連れて行かれた銭湯の照明があまりにも暗くて、逃げ帰ったことがある。


銭湯で演奏をするという機会、こんなことは考えもつかなかった。
例えば教会、、、あり得る。
例えばレストラン、、、これは最近いろんなところがやってる。

しかし、風呂場と楽器は最高に相性が悪い、本来は。
湿気で楽器がダメになる。
これしか頭に浮かばなかった。
が、まぎれもなく、銭湯で、しかも女湯で、ロックンロールだ。


千葉に住んでから4ヶ月。
僕はまだまだここがどういうところだかを知らない。
東京は金さえあれば住める場所だ。
隣の人は何する人ぞで、近隣に基本的には興味を示す必要もない。
埼玉も横浜もそうだった。

千葉は違うようだ。
どちらかというと福岡の田舎を思い出す。
僕はここにあって全くのストレンジャーである。


ひょんなことから千葉で活動するゴリアカラスというデュオにであって、そこからとんとん、意気投合して、4ヶ月でようやく千葉ミュージシャンデビュー戦で、さらに銭湯。
いろんな意味で、面白い。


85年間の営業をした、船橋最古の銭湯”ときわ湯”。
嫁いできてから60数年、おばあちゃんになるまで切り盛りしてきた、くにさんの守ったお風呂。
ピリオドを打ったその銭湯が、僕らのステージに変わった。
おばあちゃんは再び銭湯に戻ってきた。

落語の名人2人が素晴らしい噺を展開した。
一人芸の名手は、あっという間に浴場をお茶の間のように変えた。
アーティストにとって男湯はギャラリーとなった。
ゴリアカラスにとって銭湯はライブハウス以上にライブハウスだ。

誰もが思い描く、銭湯の壁画”富士”がある。


長くそこにあって、長く続くことは、それだけで地場を生み、それだけで強さになる。

くにおばあちゃんは、ロックンロールに賛辞を贈ってくれた。
何でもありの姿が本来の芸術の姿だ。

長く使われてきたときわ湯は、使われた時間を示す独特の色をしていた。
芸事も、そのお湯にどっぷり浸かると、その人の色に染まっていく。
生きた証となるだろう。


ゴリアカラスに、くにおばあちゃんとその家族の方々に、共に芸術を楽しんだ落語家の方々、アーティストの方々、そしてそれを受け取りにきてくれた方々、その人たちに感謝というよりもむしろ喜びを伝えたくて、その気持ちをこのブログに残しておこうと思う。


そう、これは足跡である。
85年の歴史、86年目からの新しい歴史の一部に、その場を共有した人たちと一緒になれたことが、とてもとても嬉しい。

|

« great deceiver | トップページ | 憂鬱の色 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/47624251

この記事へのトラックバック一覧です: foot prints:

« great deceiver | トップページ | 憂鬱の色 »