« It's up to me | トップページ | 誰が囁いたのかは知らないけど。 »

2012年8月30日 (木)

師、曰く

先日、銀座のバーで演奏した。
ジャズのお店といってもいいだろうが、最近のお店はいろんな演奏をやっているので一概にはそういえないかもしれない。

僕がジャズの生演奏を初めて見たのは、新宿の、今は無くなってしまったジャズ喫茶だった。
そこでお師匠とあったのだけど、その頃のお師匠さんは、今の僕よりも少し年上というぐらいだった。

決してたくさんのお客さんが入っているわけではなかった。
いわゆるスタンダードはその夜は演奏されておらず、レコードなんかで聴いた僕の知っているジャズとは全く違う趣きの演奏だった。

ヘヴィーメタルやパンクばかりやっていた僕はそのお師匠さんにストーカーのように何度も電話をかけてようやく弟子にしてもらった。
僕はしばらくお師匠に”メタリカ”と呼ばれた、、、今もときどき、、、。

まだ莫迦田大学の学生だった僕は、弟子にしてもらって、たくさんのお師匠さんの演奏を見に行った。
どこもお客さんはそう多くなかったように思う。
ときには僕が素晴らしい演奏を独り占めするときもあった。

でも、いつ見ても、いつ聴いても、お師匠さんの音楽はかっこ良くて、僕には常に新鮮だった。

何年もそうやってお師匠さんとの付き合いを続けていくうちに、お店にはお客さんも少しずつ入るようになって、場所によってはお店の常連さんに会ったりもした。

スーツの男性、OL風のねえさん方、カジュアルな服に身を包んだ音楽好きの若者。
お酒を飲みながら、ご飯を食べたりして、各々好きなスタイルで音楽を聴いていた。

今、僕はあのとき会ったお師匠の年齢に随分と近づいた。
ステージから客席を見ると、お師匠さんが一生懸命活動して、少しずつお客さんが集まってきだしたときのことを思い出す。
僕が客席から見た当時の景色を、今度はステージから見ている。
景色がとても似ている気がした。

僕はお師匠のお弟子さんのなかでは一番の異端かもしれない。
お弟子さんはお師匠のスタイルを受け継ぐ優秀な演奏家ばかりだが、僕はありとあらゆる反則技の数々を尽くし、お師匠さんのスタイルから一番遠いところにいってしまった。

そんなインチキなスタイルになっても、”音が聞こえるまで待つ”という、お師匠さんがいつも僕に言ってくれたことは大事に守っている。

回り道をしたり、遠くに来てしまったりしたようでも、似た風景を見ることで、お師匠がなみなみならぬ努力をして踏み固めてきた道と同じ道を、やっぱり僕も苦しんで迷ってしながら踏み固めて歩いているのだなと思う。


充分すぎるほどに不良な弟子だが、この景色もしっかりとお師匠が教えてくれた道だと思う。

これでいいのかもしれないな。
自分らしい道も、きっとそんなお師匠あってのことだろう。

|

« It's up to me | トップページ | 誰が囁いたのかは知らないけど。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/46886200

この記事へのトラックバック一覧です: 師、曰く:

« It's up to me | トップページ | 誰が囁いたのかは知らないけど。 »