« reborn | トップページ | It's up to me »

2012年7月31日 (火)

エラー

毎日暑い。


夏になると、講師の仕事をしていたことを思い出す。
たくさんの生徒を見てきて、視点のあり方、ものの発し方、考え方が小さな社会の中でも大きく違うことに毎年驚いていた。
それが好きだった。

組織の中には多かれ少なかれマニュアルがある。
それにしたがって行動すればエラーが少ないという、そういうものの詰まった理論書だ。
が、当然そんなものなど当てはまらないことばかりだ。

僕はたくさんの嘘をついたといまでも思っている。
システマティックな学習の先には未来はないと僕は考えてきた。
それなのに、システマティックな学習を伝導する企業に僕は加わっていた。

大きな嘘だ。
僕がホワイトボードに書き出すことも、身振り手振りで伝えることも、全部嘘のように思えた。
”でもほんとはこうではない”とそれを否定することさえ、真っ赤な嘘のようだ。
個性は画一化される。
画一化されたものを協調と呼び、そこに”個性”を見出そうとする。
協調も嘘、個性も嘘。

教えること全てが不安になって不信を抱いたら、もう僕には何も教えられない。


一体そうして伝えられる何かが、これからの世の中の再生にいかなる一石を投じるのかまるで分からないが、嘘をつく不安を振り切ろうとその場を去った。
逃げたのかもしれない。

組織と戦ったところで、僕の小さな一撃などではびくともしなかった。
多くの人はその仕事に信念を持たず、教えるという一見すると正義の行為にやり甲斐を見出しているように僕には見えた。
これも僕の主観に過ぎないのだろうが。
いつまでいるのか聞かれ続け、”状況を変えられるまで”と答え続けているうちに、考えをシェアした仲間も皆いなくなった。

勝てば官軍とはよく言ったものだが、小さな言葉でささやかれることはたとえ真理であっても、現状を打破する鍵となるものであっても、喧噪には勝ち得ない。

弱きことはそのままイコール”楽”に通じるのだろう。
何も言わなければ何も言われない図式が完成した段階で、組織の中で僕は負けた。

何かを望むとき、自分が不安にならずに済む方法は”流れに期待を抱く”ことだ。
自らがオピニオンリーダーとなり、エネルギーを発していくことは途轍もなくリスクが高く、ときには周囲から”時間の無駄”だの”考え過ぎ”だの、まぁ、なんだかんだと言われる。

じゃあ、一体いつになったらその環境を変えられるのか、人が変わるのか。
何も意見を述べず、静観していれば何か変わるのだろうか。
時間が解決するか。
酒でものんで楽しい話をしていれば中が深まると勘違いし続けるのか。

自分に都合のいいことだけを自分の都合のいいときにやってきて言うのが、どうも今のスタイルに合っているらしい。
たしかに、ここには何の不安もない。
その場限りの”疑似一貫性”を帯びるからだ。
遅れてきた主役登場のていだ。
が、実際のところ、漫画の主人公のようにそれまでの出来事を超能力的には把握することなどできるわけがない。


面倒くさいのだな、何もかも。

何かを成し得たいと思っても自分から手出ししない。
ものを欲すれば待つが一番。
傷を怖れるから言わずが一番。


一体生きることとは何なのだろか。
虚しさにつぶされないように生きるのが精一杯だ。

|

« reborn | トップページ | It's up to me »

普段」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/46529019

この記事へのトラックバック一覧です: エラー:

« reborn | トップページ | It's up to me »