« burn out | トップページ | try or die »

2012年5月31日 (木)

ensemble

芸術だアートだというが、それそのものに意味があるわけじゃない。
いつもそれに意味をもたらすのは人だ。
人が作品に命を吹き込む。
だから時代が変われば、その時代の価値観にあった意味が加味される。

それが普遍的である証なのだ。
人の意志によって新陳代謝がなされ、常に新しく生まれ変わり、時間を超えていく。

つまり、発せられたものは、必ず人に関わらなければ画竜点睛は欠かれたままだということだ。

”いいものを作った”、”うまくいった”。
その自己満足のレヴェルは絶対に必要なことだ。
これがなければ、まずものは作れない。
が、これで終わるものはあまりにも幼稚だ。

そうやって作られたものが真に意味を持つ瞬間は、”自分の手から離れる”、まさにそのときだ。

僕らは社会に生きている。
世に対して発すし、関係性を築かねばなるまい。

触れられなければ、埃にまみれたゴミに等しいのだ。

人は、他の手段でもその人の生きた証は残せる。
わざわざものを作り出すことはあるまい。
では、なぜ、”ものを作り出すこと”を選択するのか。

少なくとも僕は、作り出したものの先に、まだ見ぬ人とのコミュニケーションを期待する。
生きる場所も価値観も国も文化も違う、純粋に人同士の出会いだ。

そうやって出会うことはいつも感動的だ。

そればかりは、経験するよりほかはない。
いくら言葉で語っても分かり得ない。

だから続けるのだ。
だから作るのだ。

自分すらどうなるかわからないものを作ることが、”作る”ことだ。

己のやりたいことをやるのは”趣味”である。
間違えるな。
プライドのありかはそこじゃない。

誰にも触れられないものを、何の期待もされないものを、”芸術的”だなどと、何をかっこわるいことを言うのだ。
その考え方そのものが、世界の崩壊に加担していることになぜ気付かない。

新しいバランスを生み出すことが、いつの時代でも僕ら作家の”義務”なのだ。

美しいものは美しいものではない。
秩序立ったものはただの数式に他ならない。

世界を見渡せばいい。
ノイズだらけだ。
入り乱れて、コントラストを成すことがこの世界の強さではないか、ほんとの美しさではないか。

細い糸にしがみついて、それしかない者は、誇大妄想家であって、現実にすら生きていない。
莫迦らしい。

|

« burn out | トップページ | try or die »

普段」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/45479733

この記事へのトラックバック一覧です: ensemble:

« burn out | トップページ | try or die »