« 40ノットの宇宙遊泳 | トップページ | be with »

2012年3月30日 (金)

all roads lead to the innocence

重力を振り払うには、途方もない力が必要だ。
人間一人がどんなに頑張っても、当然振り払うことなどできない。


柄にもなくというか何というか、このブログの内容としてはふさわしくないかもしれないけれども、今回ばかりは、この場で感謝の意を表しておこうと思う。
とともに、もしかしたらときには感情的な文章も出てきてしまうかもしれないが、ご容赦いただきたい。


3/27のcubic star minimal orchestraのシングルリリースパーティーに足を運んでくれた皆さん、ほんとにありがとう。


グループの発足はもう随分前になるけれども、何度となくメンバーチェンジがあり、その度にその時のグループにあったものを作り、また壊し、様々な挑戦と苦悩との中で、僕は何度となく諦めかけてきた。

いつかもこのブログに書いた通り、僕が作家であるというプライドは”ものが作れる”とかいう非常に低いレベルのものではなく、常に誰かに向けられたもので、そこに”期待がある”ということがその核になっている。


誤解があるかもしれないが、僕は”自己満足”のできる人間だ。
だから、自分のためだけならあっさりと”これでいいや”と言い放てる。

自分だけが納得するレベルのものなら、僕はすでに生み出せる。
そう思っている。


が、僕が真に作りたいものには、”誰かの期待”という無限大のエックスの要因が必要不可欠なのだ。

自分だけが納得する世界はとても小さく、狭く、寂しい。
そこには自分しかいない。
僕は世界とかかわり合う必要は一切ないし、何も動かず、何も流れない。
出来上がったものが一人歩きすることもない。
成長することもない。


作家としての自分は、あるいは自分の、自分たちの生み出した物は、僕らがこの世界に生きて、人の中で人として歩んでいく以上、やはり何らかの社会貢献をするべきものだと僕は信じている。

誰かの心に響き、人にパワーを与える。

ときには争いの引き金となる力も、かたちを変え、意味合いを返れば、あるいは違う視点から見れば、その大元は善意であり、愛であると思う。


作家という立場の自分が自己を表現するとき、一番に思うことは常に”変革”だった。
これはcubic starを作った最初の最初から何ら変わらない。

僕の物言いは、当時、至極不細工だったに違いない。
己と他との距離感を測れず、ただがむしゃらに”今”を作り上げようとしてきた。
自分の中に没して、他を圧倒する力のみを得たいと考えていた。
少なくとも自分の周りには絶対にないものを作り出したいし、僕自身もそれに包まれていたと思っていた。

自分に大して何らかの危害を加えようとするものへの抵抗だったり、防御だったり、僕の自己表現はそこに止まっていた。

今、ここに来て、誰かが素直に手を差し伸べてくれて、裏表のない純粋な賛辞を贈ってくれて、ともに演奏する仲間が絶対の信頼を僕に置いてくれて、一度に雲が晴れたような、そんな気がする。


”ああ、わかった”
そんな気持ちだ。

何かが分かったからといって、どうやってそれが分かったのか、はたまた、分かったからこれから何をすればうまくいくのかは分からない。

ただ、感覚が”わかる”ことで、道は見える。

誰かを幸せにし、誰かに活力を与えることを、僕は”シェアする”とする。
道を造り、人とともに歩むなら、きっと僕の夢は僕の夢だけでは終わらない。


たとえ自分が力尽きても、誰かがその道の先まで到達する。
僕もまた先人たちの作った道の上にいるからだ。


安定や平穏から、僕はとっくの昔に切り離されている。
自己防衛のために自己表現をしてきた。


でも、今は、純粋に”ものを生み出したい”と思う。
そこに、自分も含め、誰かの幸せがある。
そう思えるようになった。

というわけで、8人のメンバーを中心に、照明、宣伝の2人をくわえた、僕ら10人で、がんばっている。

まだまだみんなの力を借りっ放しだが、今後も変わらず、力を貸していただきたい。
その期待に僕らは200%応えられるよう、さらにスピードを上げていこうと思う。

メールマガジン
http://www.cubista-minimal.com/mail-magazine.html

3/27、cubic starのライブ中継のアーカイブ。 http://www.ustream.tv/recorded/21399991


最後は宣伝のようになってしまって、非常に拙い終わり方で申し訳ない。

でも、ほんとに、みんな、ありがとう。

|

« 40ノットの宇宙遊泳 | トップページ | be with »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/44679056

この記事へのトラックバック一覧です: all roads lead to the innocence:

« 40ノットの宇宙遊泳 | トップページ | be with »