« rebirth | トップページ | 豊饒は冷たい雨を伴って。 »

2012年1月30日 (月)

crucify

”作り出す”ということにおいて、僕らの生きる時代には、まずゼロからスタートということは不可能であり、皆無である。

世の中に情報という情報があふれ、その情報の活用の仕方においても強者と弱者が出てきてしまう今時分に、”これはこういうものだから”という理屈は当てはまらず、逆に”そういうものだと分かっているからこそかたちを変えなければならない”という必要に迫られる。


文化というものは優れていて、その中において人は、語弊はあるかもしれないが、はみ出す必要のない生き方もできる。

伝統、はたまた因習はその文化の土台を支える事象ではあるが、たとえばもし、いっこうに進化することのない種族がいたとしたら、それならば一度成立した伝統や因習は姿を変えず”これはこういうもの”で時間を渡って来られただろうが、そもそもそれでは伝統というものなど生まれるはずもなく、人為的な統計ではなく経験から成り立つ因習も生まれるはずもない。

多くは”古典”の捉え方を取り違え、”伝統”を都合のいいように古き良きものとしてねじ曲げる。

それは違う。
伝統は確実に”進化”する宿命にあるのだ。
今を生きる僕らに寄り添うように、過去の洗練された知識を活かす。
これが継承というものであり、理解であろう。


様々な芸術にはそれぞれの分野における意見があるだろうから、餅は餅屋に任せるとして、音楽のことに関して言うのなら、僕らの世代がすることってのは、悪い言い方をするならば、”情報のねつ造”だと思う。

誤解しないで考えてもらいたいのは、実はねつ造という行為、”捏造”、こねて作るわけだ。
事実でないことを事実のようにして作る。
少し考えれば分かると思うが、こんなことは材料が揃わなければ絶対に事実然として作れるわけがない。つまり、それをおこなうものはより深く物事を知る必要がある。

実世界と架空世界の架け橋となるのは芸術の役割であり、ならば芸術は”捏造”が必要である。
限りなく実世界に近いもを作ることだ。
世界の中の世界を作り上げることが許されるのは、こうした行為の専売特許ではないか。


覚えたもの知ったものを変容させて、今を作る義務が作家にはある。
知り得ることの全ては”過去のもの”のはずだ。
僕らは完璧に未来を見通すことなどできないはずだから。


知らないことへの恐怖や嫌悪感は常に人にまとわりついている。
だから、作ることは孤独だ。
たった今が、すぐに過去になり、多くはその過去を追うようにして生きている。


時として、”思っていることを口に出してほしい”とたくさんの人に言われてきたが、僕にとってそれほど難しいことはない。
結局は今をとらえて、今に反応するから、不言実行ということになる。
さらに正しく言うならば、”言えない”のだ。

己も機能する歯車の一つ。
やりたいやりたくない、知ってる知らない、できるできない、そんなこと、時間の流れは僕らに問うては来ない。

やるか、やらないか、それだけの選択肢だ。


僕は、”わかってほしい”、”愛されたい”。
でも、言葉にすれば過去を述べることになる。
だから、己の気持ちを犠牲にするしかないのだ。

僕自身も僕の作るものの中では、”歯車”になる。
このことだけは絶対に誤解されたくない。
僕は自己満足な快楽主義者ではない。

行動することにおいてしか僕は僕の真意を人に伝えることができない。
何とも不器用で卑小な存在だ。


が、たとえこの先ずっと理解されなくても、常に進行形のアウトプットをすることが自分の天命だと思っている。

犠牲のない行為など存在しない。


|

« rebirth | トップページ | 豊饒は冷たい雨を伴って。 »

普段」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/43921791

この記事へのトラックバック一覧です: crucify:

« rebirth | トップページ | 豊饒は冷たい雨を伴って。 »