« 反旗 | トップページ | what started as fun »

2011年12月30日 (金)

世界

時間というものは、語弊があるかもしれないが、僕は”万人にとって公平ではない”と思っている。


年がまた明けようとしている。
もはや2011がどのように始まったのかを忘れかけているのだが、悪夢のような大震災が起こったのも今年であると考えれば、この1年は時間という概念を破壊して、いまでも昨日のことのように思わせられることの多い年だった。


この国の平和神話も安全神話も脆くも破壊され、価値観も変わろうもんなのに、僕らはもう”忘れている”。
日本人ってのは、よくも悪くも、なにかと”忘れやすい民族”なのだそうだ。


今年、僕にはいろんな変化が起きた。
たくさんの人に会い、また、たくさんの人と別れ、きっと今までの人生の中でそれが一番多い年でもあったし、今年からそれがさらに多くなるという前兆でもあるような気もする。


哲学や生き方は、指針はあれど、きっと将来も完璧に定まることはない。

人生は荒波を越える舟のように例えられる。
波に翻弄され、風を受ければ簡単に転覆する。
そんなアンバランスの中で、たった一人、櫂もなく、己の手で漕いでいかねばならない。

海原の真ん中で人に会えば、舟をつなぎ、ともに漕いでいくことができよう。
波にも風にも強くなるだろう。

が、ともに生きるということが孤独を解消することに直接繋がるわけではない。
ただ、生きるということの本質である孤独を束の間和らげ、日々を豊かにしていく。
そして和らいで豊かになった頃には、また別れが来る。


自分なりの”真理”の様なものをもとめて、”常識人であろう、もっと知識を身につけよう”と思えば思うほど、僕の今の立ち位置は常識からはほど遠く、知の高みから見ればあまりに蒙昧で小さな存在だ。

個人の夢とも集団の夢とも分からぬ程度で、これは一体なんなのかと考える間に日は暮れ日は昇り、ただただ己を犠牲にすることでしか、その代償を払えない己の力の無さに辟易した。

時間は矢のごとく過ぎる。
一日なんてのは、考え事から始まって考え事で終わる。
しかも僕の無能な脳みそは、そんなに短い時間では解答をたたき出すに至らない。

毎日がこれの連続。

それがこの一年だった。


情を持ち続けるから人であり、恩を忘れぬから人であると父に諭されても、一歩踏み外せば気持ちは鬼と化してしまいそうなことは何度となくあったが、苦しい葛藤の中に今もありながらも、どうやら2012年の幕開けに手が届きそうだ。


とにかく、僕がたくさんの経験と考えを持てたのは、全て”人”によるところだ。
僕の元にいてくれる人にも、哲学が違い道を同じくできなくなってしまった人にも、出会った人全てに感謝したい。


今年最後に。
僕の好きな孟嘗君が残した言葉を借りて締めとしておく。

”人こそ世界である”

|

« 反旗 | トップページ | what started as fun »

普段」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/43552724

この記事へのトラックバック一覧です: 世界:

« 反旗 | トップページ | what started as fun »