« 起死回生 | トップページ | Fire! »

2011年9月13日 (火)

departure

9/11(日)。


cubic starのライブ直前リハ。
2ndアルバムに収録されている”V.B.W.”を、8人編成で初めて試した。


メジャーと戦うと決めてから約半年。
ちょうど大震災があった頃、僕は迷っていた。


みんなを巻き込むほどの価値がそこにあるのかどうか。
ほんとにこれはcubic star minimal orchestraというグループの夢なのか。
それとも、僕個人の独りよがりの夢か。


まずは7月からの3ヶ月ということで、僕らは冒険に出た。

自分たちの作る物を、平気で売り渡すように”何かしてくれるんでしょ?”という、似非アーティストはいらない。
意志なきものはこの場を去れという考え方で、僕らと事務所は合致したに過ぎない。
シーンの価値観を根底から覆したいと、僕はただただそう願った。


すでにあるものが悪いと言いたいんじゃなくて、これから出てくるはずのものがこれまでと一緒だということは退化に等しいと言いたいのだ。


僕らは僕らの世代の物言いをしなければならない。
僕らの意見とアイデンティティーを持たねばならない。

それができてこそ、世代の違う人たちと真に手をつないでともに創造の冒険をしていけると思うのだ。


9/13、もう今日だけど、僕らは発射台のエレベーターに乗り込む。
cubic starは、僕にとっては大きな宇宙船のようなものだ。

宇宙にあがれば常識は通じない。

未知を知る。
常識を打ち破る。
こうでなくちゃいけないというルールは自分たちで一度作り上げて、また壊す。


ここからが未体験の空間だ。

今日、ここで重力を振り切るんだ。


9/13(火)
"cubic star's three months trip!" @田町quarter note
http://quarter-note.com/access.html

3ヶ月連続ライブ、いよいよファイナル!。
出演時間 20:40~21:10


一緒に活動してきたたくさんのアンダーグラウンドの素晴らしき仲間たちのために、道が開けるように。

とにかくがむしゃらに走ろうと思う。


みんなで変えるんだ。
僕らだけがうまくいってもダメなんだ。


革命を起こすのなら、常識を打ち破るのなら、たくさんの意志の力がいる。

みんなで大手を振って光のもとへ出るんだ。
そこには必ず創造の自由があるはずだ。


|

« 起死回生 | トップページ | Fire! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/41660184

この記事へのトラックバック一覧です: departure:

« 起死回生 | トップページ | Fire! »