« 蟻の足音 | トップページ | schedule for vengeance »

2011年6月30日 (木)

cheers

少しあいてしまったけど。

6/26(日)。
天気はどんよりだったように思う。


20日からの一週間はとても忙しく、ほとんどをレコーディングと編集に費やした。
部屋で黙々とパソと向き合う作業が続き、途中、ついに整体に強制収容されたが、とりあえず生き残った。


そんなことを乗り越えての日曜日。

去年末、ひょんなことで知り合ったベーシストの深山健太郎さんに誘われて、とんとんと組んでしまったmiyama kentaro jazz trioだったのだけど、そのきっかけというのが学芸大の駅を最寄りとするイタリアンレストラン、”オステリア・ジャポネーゼ”で演奏をするためだった。

念願のピアノトリオだとはいえ、僕の得意とするビート感はどちらかというとヨーロッパ系なので、ビバップを基調としたスタンダードには正直合うかなぁと思っていたけれども、健太郎さんの人柄と勢いにやられて”やらせてくださいぃっ”ときたものである。

で、去年末から月に一回、最終日曜日にトリオの演奏のお仕事を頂いたのだ。

26日のこの日、オステリア・ジャポネーゼは開店3周年を迎えた。
そんな良き日に僕も加われてほんとにハッピーだった。

たくさんの常連さんが足を運んでくれて、時間を忘れるほどの長時間演奏と、もう食べきれないというほどのおいしい料理とお酒。


3年という月日。
いろいろ大変なことがあったと思う。

ここには人が集まって、ここで出会って、また未来に道が続く。
それがこのお店の良さで、だからこそおいしい料理が生まれ続ける。

大きな期待、たゆまぬ努力。


僕はここに足を運ぶようになってまだ半年。
短い時間にも関わらず、ほんとにいろいろな生き方の人たちとあって、どの人もあたたかく接してくれる。


音楽屋というのは、やはりどこまでいってもキリギリスだ。
むしろ、そのことしか考えられない不器用なナマモノ。

僕なんかそのなかでもマキシマムに不器用なナマモノだけども、この場所では素でいろんなことを話せる。

新しいお客さんもあっという間に顔なじみになってしまうこの魅力。
料理ってのは、レストランてのはほんとはそういうものかもしれない。

まるで映画のようだ。

いい日だった。


間もなく7月に入る。
また7月も31日(日)にここで演奏。
お客さんのいい飲みっぷりを見ながらいい演奏して、さらに杯を重ねてもらうのだ。

|

« 蟻の足音 | トップページ | schedule for vengeance »

音楽」カテゴリの記事

コメント

チーチキ、チーチキ、ボンボンボン、だな!

投稿: Kentaro | 2011年7月 1日 (金) 15時50分

けんたろさん> ぼんぼんぼんです(笑)。

投稿: よしじも | 2011年7月 1日 (金) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/40617485

この記事へのトラックバック一覧です: cheers:

« 蟻の足音 | トップページ | schedule for vengeance »