« circle of sounds | トップページ | 皐月予定。 »

2011年5月 2日 (月)

thanks for being

5/1。

誕生日というものは、歳をとればとるほど恥ずかしくなるものである。

それなのに、そのうえ誕生日パーティーというのだから、顔から火どころか、ビッグバンでも起こりそうなほどだ。

ミュージシャンという人種は、基本どこまでいっても人様の骨にしゃぶりついて生きている寄生虫のような生き物らしく、そんな虫が自分の誕生日会なんて、んな馬鹿な話があるかい!と思っていたが、どうやら逆だったらしい。
こういうときにパーティーを開いて、日頃応援してくれているファンの方々や、お世話になった音楽仲間との交流の場を作るべきだと諭されて、結果こういうことになった。


場所は、僕の行きつけの近所のカフェ、FUNRUN。
栄養も生活も偏りがちで、ただでさえ持病でうんうんいってる僕の体調を整えてくれる、バランスのいい食事がとれる最高のカフェレストランがここなのだ。


この日、僕と一緒に演奏してくれたのは、、、

僕の活動の原点、僕にドラムを演奏する場所をくれたmaikotobrancoのリーダー、ギターボーカルの幸道隆太どん。

迷いに迷ってる僕を、再び音楽家への道に導いてくれた、パーカッショニストで、ボーカルの松本ちはや。

歌ものへの可能性を僕に示してくれて、大きな挑戦のチャンスをくれた、ギターボーカルの小川晃一。

で、音大時代、くそ下手っぴながらも苦楽をともにして、いつも一緒にオリジナリティーを追求し、磨きあげてきたピアノのもーりー、ウッドベースのすなやまん、ギターのたくぼん。

ピアノトリオはそののままに、サイドギターを入れたり、ボーカルだけを変えたセットというコンセプトで、美味しいビュッフェを楽しんでもらいながらの演奏ということにしたかった。


歌い手が変わるだけで、演奏は変幻自在に変わる。
同じことは二度と起こらない。
演奏の良さはそいうところにある。

お客さんも、日頃から演奏を見に来てくれる方だったり、または一緒に演奏や活動をしている仲間。

自分のアイデンティティーやスタイルは、ほんとに人生をともにしてきた彼らによって作られているのだなと実感した。

彼らが僕に与えてくれたものが、僕のフィルターを通して表に出ると、それが僕のオリジナリティーとなる。
それはこれからも変わらない。


ミュージシャンが歌うものとは思えない、みんなの歌う酷いバースデイソング(もーりーが”お前らみんな正座だっ”と叫びながらピアノを弾いていた)と、死ぬほど恥ずかしいケーキのろうそく消しの刑にあいながらも、心は笑顔と感謝の気持ちでいっぱいだった。

ありがとうという言葉も、実のところ死ぬほど恥ずかしい、、、。

表現者のくせに伝え下手という欠陥人間な僕だが、自分のことしか頭にない職業芸術家なんてのは唾吐きたくなるぐらい嫌悪する人間に自分がならぬよう、また、世間様になるだけ迷惑をかけないように勉強をして、今年こそは立派な大人になろうとは試みてはみようとは思っている、、、。

という、回りくどいことを言っている時点でアウトなのだけれども、、、。

746

活動仲間、いつも見に来て頂いてる方々、FUNRUNの越後さんをはじめ、スタッフの方々。
ほんとにありがとう。

手元に残ったみんなからのプレゼント。


クジラの写真集や、トノサマガエルのキーホルダー、小さなハーモニカ、ワイン、などなど。

どうやってみんな僕の好きなものを知ったのだろうというほど、ピンポイントにツボをおさえたプレゼントに感謝します。

なるだけにやけ顔は外に出さないように平静を装っているが、、、。
ね、、、。


無理だな。

|

« circle of sounds | トップページ | 皐月予定。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/39832962

この記事へのトラックバック一覧です: thanks for being:

« circle of sounds | トップページ | 皐月予定。 »