« 追憶 | トップページ | thanks for being »

2011年4月30日 (土)

circle of sounds

4/30。

cubic star minimal orchestra@新宿サブナード。
このバンドで、こうした商店街のようなところで演奏するのは始めての試みだった。

もう2年前の話だが、僕らは代々木公園でストリートライブを毎週やってた時期があって、その頃の人だかりといったら、数回ほどお巡りさんが整理に来たこともあったぐらいだから、とにかく人目につくところでやれば、きっと年齢や人種や文化に関係なく、みんな楽しめる音楽を作っている自信があった。


現地入りと同時に某お店の店長らしきひとと音量で揉めに揉めて、僕は多少どころか、いつもの様にぴりぴりの戦闘体勢モードに変わりそうだったのだけど、サブナードのスタッフの方のあたたかい対応にまず助けられた。


音量を極限まで小さく絞り、かつ、曲の細部のかっこよさをリスナーに伝えるのはほんとに難しいことだが、もともとcubic starの音楽は音量に頼った曲ではないので、メンバー全員の対応力とイマジネーションで見事にカバーできた。

さらにそれでも不思議と面白い演奏になる。
その変幻自在のまとまりがこのバンドのほんとの魅力であり、長く続けて培ってきた力でもあるのだなぁと改めて実感した。


1stセット始まる前から、用意された椅子には僕らを待ってくれているお客さんがいたのも心強かった。

ポップではあるけれど、決して分かり易い音楽というわけではないと思うが、年齢層も幅広く、じっちゃんやばっちゃんも楽しんでくれてたのが僕にはすごく印象的だった。

ぼくは、生粋のジジババっ子だから、おじいちゃんおばあちゃんが喜ぶ顔が、実は一番嬉しかったりするのだ。

”いい音楽にはいい人たちが集まる”。
たくさんのお客さんを見てちはやんが呟いた。
メンバーの褒め言葉は作曲する僕にとっては、創作意欲の源である。


2ndが始まる前にみんなで飯を食いにいった。
おいしい麦飯と、焼きトン。
リハーサルの時と変わらないいつもの談笑。

休憩中にはみんなの写真もとった。

タップダンサー兼バンドの花、りなっこ。
287851192


2ndアルバムに参加して以来、最近準レギュラーのパーカッショニスト兼アイドルのちはやん。
287851581


手先が器用、ウッドベース兼デザイナーのすなやまん。
287852165


妙な動きと物言いでめきめきとファンを獲得しつつある、鍵盤怪人もーりー。
287852541


ギターよりも周りにいじられることを得意とする、長男なのに次男坊気質のぼんぼん、たくぼん。
287856033


戦闘力ならスーパーサイヤ人、頼れる豪腕ベーシスト、はるのすけ。
287853090


どこぞで見たシューティングゲームの様に、鬼のようだが繊細な連打を繰り出す、太鼓のいさおさん。
287853869


で、喧嘩っぱやいお騒がせリーダー、太鼓のぼくである。
287855243

2ndセット。
サウンドチェック中に揉めたどこぞの店主が驚きの演奏妨害に出た。

こっちも演奏屋の意地だ。
相方のドラムのいさおさんと一瞬音量を最大限に小さく振り絞って、次の瞬間に爆弾でも落としてやろうかと思った矢先、見ていたお客さんの一人が”見えないからどいてくれ”と妨害者を排除した。

それは、その場で僕らの音楽を楽しんでくれている人たちみんなの意思であったと思う。

僕らと観客の方々で一体となって作り上げたサウンドの輪はとても強固で、そこにはそれを阻害するノイズは入り込めない。
この熱い一体感が瞬間芸術の醍醐味であり、その場でしかできえない音楽の美しさと強さであると思っている。


セットリストに加え、最後にみんなのあたたかい拍手に応えて、bjorkのハイパーバラッドをcubic starアレンジで演奏して無事にイベントを終えた。


オリジナル、アレンジもの、ともにみんなが楽しんでくれて、子供からお年寄りまで、その手で、その足でビートに乗っている姿に僕はいたく感動したし、そんな音楽をともに作っていけるこの8人のメンバーをほんとに愛している。

いい一日だった。

|

« 追憶 | トップページ | thanks for being »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/39813638

この記事へのトラックバック一覧です: circle of sounds:

« 追憶 | トップページ | thanks for being »