« 緋色の研究 | トップページ | karma »

2011年3月29日 (火)

無菌室

3/29(火)。
あたたかい一日だ。

ニュースは原発か地震関連。
日常が戻れば戻るほど、傷跡がなかったことのように忘れられていくが、まだ何も終わってはいない。


独り、太鼓の練習部屋に閉じ籠った。
防音室で耳栓をすればもう自分の心臓の音しか聴こえない。
楽器の音を出すまでは。


矛盾する感情ではあるけど、寂しがりだが、残念なことに孤独はどうも好きなようだ。
ずっと一人でいたいと思う反面、誰かいた方がいいとも思う。


極端なはなし、一人でいるとひたすらやりたいことのみをやって、食事も睡眠もいらなくなる。
お腹もすかないし、眠くもならない。
いや、たぶんお腹のすかせ方も眠り方も忘れてしまうようだ。

一人暮らしを始めたばかりのとき、あまりの開放感にゲームをやりまくり3日間きっちり徹夜して気絶したことがあったが、結構僕は一度何かをやりだすと誰かが止めるまでそれをやることになる。

そもそもそれが僕の慢性疲労症候群の原因なのだろうが、どうも初期装備的に僕はアドレナリン過多なのだそうだ。

しかも年をとるにつれてこの覚醒状態が酷くなって、限界が来るとまるでスイッチが切れたように強烈な睡魔が来る。時間や場所は関係ない。
そのかわりに起きてるときはずっと起きていたいと思う。


子供の頃はゲームやパズルや一日中バスケットやサッカー。

浪人時代はどこを歩くときも考え事、あげく大学の赤本を立ち読みで解き、英単語なんかも本屋の立ち読みで100個ぐらい覚える始末。

大人になって、そのアドレナリンの矛先が音楽になっただけだ。


自分でカウントを出して自分で歌い込みながら太鼓を練習するときが、おそらく自分にとって一番リラックスしているとき。


僕は世界から切り離されたいのかもしれない。

|

« 緋色の研究 | トップページ | karma »

普段」カテゴリの記事

コメント

うちのママンの会社で作る無菌室の商品名は、、、

「ムッキン」
「バイバイキン」

。。。嘘です、ごめんなさい。

投稿: ちはや | 2011年4月 1日 (金) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/39412489

この記事へのトラックバック一覧です: 無菌室:

« 緋色の研究 | トップページ | karma »