« 出来ること | トップページ | 八百万の国で »

2011年3月16日 (水)

信念の在処

3/16、東日本震災発生から6日。
日記に残しておこうと思う。

未曾有の被害と今も続く大きな余震が不安と混乱を生み、食料や燃料が買い尽くされている。
原発事故のために電力が尽きるのも時間の問題だ。


塾は停電のために休校になっている。
音楽の仕事はキャンセル続きだ。


こういった酷い状況において真っ先に削減されるのがエンタテインメントなんだけど、僕は一応音楽の仕事でも稼ぎを得ている。
つまり、娯楽が削られると僕の生活も危なくなるわけだ。

芸術に携わる人、娯楽に携わる人にとって、基礎的な生活を保つのが難しくなっている。


"チャリティー"という名目のもとパフォーマンスをするのをちらほら目にするが、僕は絶対にそれはしない。

たくさんの批判が出ることも覚悟の上でこの姿勢をとるつもりだ。

僕としては演奏、ないし、パフォーマンスは心から楽しんでほしい。
現実を忘れられるくらいに。

お客さんが楽しんでもらった結果が僕らの給料になるのだけど、その給料を個々人がそれぞれの判断で募金などに使えばいいと思うのだ。
人によっては生活が苦しい人もいると思うから、まずは己の足下を是非固めてほしい。


もしもチャリティーという形をとるのなら、わざわざパフォーマンスしてお金を集めるというような回りくどいことは、僕はしない。
ほんとにそのつもりなら、本気で募金箱担いで直接街頭に立つさ。

娯楽は娯楽だ。
楽しんでほしくてそれを提供する。
そのために僕らパフォーマーは毎日訓練を重ねてきた。

"こんなときに"と思う人ももちろんいるだろう。
しかし、大切なのは本質なのだ。

本来楽しむためのものをねじ曲げたり、おまけのように”救済”を掲げるべきではないと、僕は強く思う。
これは遊びではない。
人それぞれの人生が、命がそこにはかかっている。


連絡が僕のところにも来た。
”チャリティーのための演奏に参加してくれ”と。

僕の思いは
”お金を集めるのになぜパフォーマンスをするのか?”
”そんなに人のためだと言い張るのなら、なぜ募金箱を担いで声をからしてでも募金お願いしますと叫ばない?”


頭に来たから、”ほんとに被災者のためだというのなら、歌って金集めるとかいってないで、米と水と毛布もって東北まで走れ!”とメールを返した。

結局、客寄せの戦略に過ぎないのだ。

僕は絶対に許さない。
善も悪もない。

ただ絶対にそれは許さない。

分かっている、アイディアが善意から生まれていることは。
それでも僕にはそれが許せないのだ。


賛否両論、どちらもあるだろう。

僕はパフォーマーであると同時に一人の人間だ。
人間としての僕はこの混沌から一刻も早くたくさんの人が解放されるように毎日毎日静かに祈っている。ひたすら、ひたすら。
胸が痛めば痛むほど、深く深く目を瞑って長い間祈っている。
水の仕事にも従事していながらも、被災地には諸々の問題で水を輸送することは出来なかった。
これがどんなに悔しいことか。


パフォーマーとしての僕は、己の誇りと信念をかけて、いつものようにパフォーマーとして誰かにパワーを伝えるために動こうと思っている。
これは間違っても慈善事業ではない。
僕としての僕の立ち方であるということだ。

|

« 出来ること | トップページ | 八百万の国で »

普段」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/39256151

この記事へのトラックバック一覧です: 信念の在処:

« 出来ること | トップページ | 八百万の国で »