« 八百万の国で | トップページ | 言霊 »

2011年3月23日 (水)

分岐点

3/22。
余震は相変わらず続いている。
前に日記を書いたときからもうすぐ一週間。
その間にいろんなことがあった気がするけど、不穏な空気は依然として残ったままだ。


僕個人としてはようやく穏やかな日常を取り戻しつつある。


今までやっていた仕事を3月いっぱいでやめることにした。

理由ははっきりしている。
音楽に関する活動に専念するためだ。


20代半ばなら多少かっこもついただろうが、僕のようなアラサーが収入の後先も考えずにこんなこといってもちっともかっこ良くはない。

が、もはや来るとこまで来たという感じだ。

生活の不安はある。
でも、それ以上に”これ一本でやっていこう”っていう衝動の方が上だった。


貧乏は何度でも経験したし、多分乗り越えられるだろう。

去年1年、いろんなところでいろんな人との演奏を経験して、どんな場所でも違和感なくとけ込める自分になってることにも気がついた。

演奏そのものだけでなく、作曲やアレンジでも仕事をしたし、レコーディングも録ることからミックスまで手がける機会も多々あった。

何度となく訪れる迷いのときは、いつも変化の時期になる。
ここの所ずっと奏法に悩んでいたけど、それにも答えが出ようとしている。


一度は無理だと諦めたテクニカルな面も想像力の面も、いまはわかりすぎるほどによくわかるようになっている。
難しいことだとは思わなくなっている。
僕はまちがいなく今、自分の理想に追いつこうとしている。
こうでありたいということが手の届く範囲に、まちがいなくある。

音大時代のような長時間の練習の日々に、ここのところ再び身を置くことになった。
5時間、6時間。
時間さえあれば一日中、打楽器と向かい合う。

岐路にはいつも人にあう。
自分を次のステップに進めてくれる出会いだ。


20日、レギュラーになった深山健太郎さんのjazz trioで演奏だった。
場所は学芸大のイタリアンレストラン、オステリア ジャポネーゼ。
毎月最終週の日曜日、恒例のトリオ演奏。


このトリオのリーダーでベーシストの深山さんとの出会いは一つの転機だった。
自分の奏法や音に飽きている真っ最中の出会いで、ジャズトリオの仕事のお話を頂いたのをきっかけに、もう一度自分と向き合ってみようと考えだした。


そんなトリオでの演奏は20日もあったかいものになった。
オステリア・ジャポネーゼはとってもおいしい料理とお酒が出るお店だから、常連さんも多く、この日もいつものお客さんが足を運んでくれた。

バンドスタンドの傍で熱心に聞いてくれているお客さんが、演奏後に話しかけてくれた。

”仙台からようやく東京に出て来れて、ここで音楽を聴くことが出来てよかった。”と。


それだけで僕の胸はいっぱいになった。
返す言葉を見つけられなかった。


これが決断の最後の一押し。


僕は演奏を”しなければならない”。
そういう声が聞こえるからだ。

人と出会わなくなったらそのまま僕はパフォーマンスをやめるところを、こうやって唐突に突き動かされるように声がかかる。

それは緻密な、必然の、人との出会い方だと僕は思っている。

店長のガクさんがおいしいお酒と料理を出してくれた。
ピアノのみどりさんと奏法やスタイルの話をしながら楽しく食事をとった。
向こうから深山さんの豪快な笑い声とお客さんのおしゃべりが聞こえてくる。


続けていこう。
そう思える。


|

« 八百万の国で | トップページ | 言霊 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

人生には皆分岐点があります。僕にも数え切れない程の分岐点があり、紆余曲折しながら今日に至っています。

でもね、人生は短い。だから太く短くいつも完全燃焼して、今際の際で「あー楽しかった!」と笑って死にたいじゃないですか!

僕も実は50歳を迎えるに当たり、音楽から退く事を真剣に考えていました。 3/5のバースディライブを最後に、後はゆるくやろうかな、と。でもやっぱりMusic is my whole life、失えるものではない事を去年の暮れからずっと感じていて、貴殿達と一緒に活動を始めて、その思いが益々強くなりました。

あの仙台から避難されてきた女性の一言が、僕のこれからの音楽人生の後押しをしてくれました.....

まぁ難しいことはさておき、楽しんで参りましょう!

頑張れ、俺たち!

投稿: Kentaro | 2011年3月23日 (水) 10時32分

Kentaroさん>
健太郎さんとの演奏は大きなきっかけでした。
たしか、健太郎さんに初めて会ったときに、ぼくは”演奏に疲れたんです”と言ったと思います。
あの頃、ほんとにいろんなことが嫌でしょうがなかったけど、今こうしていい出会いがあって、道の先が見えてきたことに深く感謝しています。

がんがんプッシュさせて頂きますので、ずっとずっとよろしくです(笑)!!

投稿: よしじも | 2011年3月24日 (木) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/39328752

この記事へのトラックバック一覧です: 分岐点:

« 八百万の国で | トップページ | 言霊 »