« 毎日の思い | トップページ | news »

2011年2月22日 (火)

しばしご歓談。

2/22
とある企業の立食パーティーのBGMの仕事を、僕、もーりー、すなやまんのthat trioでやった。

場所は青山ダイヤモンドホール。
広くて天井も高いし、きれいなところだった。


以前に数回、結婚式の披露宴なんかでBGMのお仕事をしたことがあったけど、演奏屋ってなんだか扱いが酷くて、楽器の運搬なんかしてるとよく邪魔者扱い的な目で見られる。

しかーし、ダイヤモンドホールのスタッフさん、みんなとても親切丁寧でした。
どの人も明るいさわやかな挨拶。
搬入口の通路に置いてあったいろんなものを横によけてくれて、すぐに台車も出してくれて、なんていうか、もう、”こんな素敵な扱い方されるの初めてっっ!(毛利くん談)”


広いホールは音を出すととても気持ちよくてリラックスして演奏できた。


明るめのバラードやミディアムテンポのスウィングに加え、bjorkの"who is it"等のアレンジものも交えたファーストセットは無事終了。

ステージの方をちょくちょく気にして見てくれていたおじさんと、休憩中にお喋り。
学生の頃にドラムを始めたとのことで、演奏法やシンバルの話で大いに盛り上がった。

僕の使っていたシンバルにとても興味を示してくれて、それはそれはマニアックな話で盛り上がり、、、。
まさかこんなところでシンバルの話をするなんて。

あとから聞いたのだけど、そんなフレンドリーに話してくれたおじさんは某アパレル会社の社長さんだった、、、。
びっくり!!

他にもいろんな人と話したけど、どの人も会社の重役さんで、”若いときは自分も音楽で食べようと思ってた”とか、思わぬ反応がたくさん返ってきて、だんだんBGMでは済まなくなっていくプレッシャーが、、、。


セカンドセット。
一発どかんとお願いとの要望が出たのでファストテンポのスウィングを1曲。
ファーストセットのときと違って、たくさんの人が手を止めて、こちらを凝視。

ドラムソロなんか挟んで、もうBGMというよりはライブ。
大きな拍手。
演奏屋、冥利に尽きる、、。


演奏後も温かいおもてなしと感謝の言葉に包まれて、のんびり車を走らせて家に帰ってきた。


ほんとにいい演奏をすると、別に何をしなくてもみんなが振り向いてくれる。
僕らは特に見られるつもりでやったわけでもなく、ほんとにBGMに徹したつもりだった。

それでも、それを見る人がいてくれて、声をかけてくれる人がいてくれて、自然と演奏も熱くなっていくのを感じると、これこそ自然なことなんだろうと思える。

うん、今日もいい人たちに出会えてほんとにハッピーだった。
胃腸炎じゃなきゃ、僕もおいしいごはんをたくさん頬張ってただろうに、、、。

|

« 毎日の思い | トップページ | news »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/38977573

この記事へのトラックバック一覧です: しばしご歓談。:

« 毎日の思い | トップページ | news »