« cubic star on the street | トップページ | 古巣 »

2011年2月15日 (火)

梯子ノ上に昇る月

2/13、とても寒い日だった。

お昼にcubic starのリハーサルを済ませ、夜は池の上で”梯子ノ上デ”の演奏だった。

雪の降った11日に演奏したばかりで、その日、雪にも関わらずお客さんが結構来てくれたので、この詰まった日程でお客さんが足を運んでくれるものかと心配した。

が、それは杞憂だった。

この日のたいばんはciromさんとオランさん。
どちらも一度、ご一緒した方々だ。


オランさんはアコーディオン奏者。
かつてたいばんしたときは、僕はまだアコーディオンにのめり込んでいなかったが、最近すっかりアコーディオンにはまりっぱなしの僕は、オランさんの演奏に釘付け。

楽屋でアコの話しをして、いいお店を教えてもらったり、僕の体にあったアコの話しを詳しく教えてくれた。

自分の出来ることややりたいことが増えると、こうやって自然とつながりが出来てくる。
また人生が豊かになった気がした。


梯子ノ上デは、この日もトリ。

240780859

どの演奏者もすばらしい人ばかりだったせいか、寒いなか、たくさんのお客さんが来てくれて、池ノ上のruinaは満員御礼。

僕らの演奏もいっぱいのお客さんが見てくれた。


デールの歌は孤独な歌詞が多い。
でも、とにかく美しく響くのだ。

しっかりと日本語で歌うからこれまたすごい。
MCもよくしゃべって、場はとてもあたたかかった。

梯子ノ上デはどんどん調子を上げてきているようだ。
デール一人ででもよくいろんなところで演奏するし、ギターのタカスギさんとのデュオもとても良い。

熟してきているように思う。


演奏終了後、たくさんのお客さんと一緒に飲み、とにかくこの日もよくしゃべった。

演奏の場は、演奏を見たり聴いたりするだけでなく、みんなが入り交じっておしゃべりをする場でもある。
みんないつも一緒にいるわけではないし、初めましての人もたくさんいる。
そんななかで、誰かと出会えば、人は孤独ではなくなるのかもしれない。

そういう期待が持てる場を作っていくことが出来れば良いと思う。


みんながお店から帰った後、僕のお化け嫌いを知った青葉市子ちゃんに散々おどかされて、疲れて家に帰った、、、。

|

« cubic star on the street | トップページ | 古巣 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/38874354

この記事へのトラックバック一覧です: 梯子ノ上に昇る月:

« cubic star on the street | トップページ | 古巣 »