« これはセラピー。 | トップページ | my favorite player »

2011年2月 3日 (木)

その手から溢れ出すメロディー

ちょっと前にある人と最近のジャズの話になって、”最近のジャズはテクニカルなところばかり取りざたされて、ちっとも面白くない”という意見が出た。

ビバップを継承するネオビバップ派などは僕もそんなに好きではないが、一昔前はよく聴いたものだ。
変拍子がばりばり入ってくるインプロヴィゼーションも結構な量の音源を聴いて勉強して、今となってはそれなりに演奏出来るようになったけど、やればやるほどやっぱりそんなに好きにはなれなかった。

僕にとって音楽に求めるものはやっぱり歌心であって、それは美しいメロディーがその中心だと思っている。

スタンダードはとても良い曲がいっぱいあるけど、それをめちゃくちゃにするのは巡り巡ってやっぱり好きではないらしい。

で、そんなことを考えながらECMというレーベルから出てるCDをいろいろ聴いた。
そこには技術を超越した美しいメロディーと空間がたくさん存在している。

僕は多分ECMマニアだと思われるほど、CDラックのジャズの棚にはECMばかり並んでいるのだけど、特にこのレーベルのピアノトリオはもう群を抜いて叙情的なのだ。


趣味によるし、いろんな評価もあるだろうけど、僕の一番好きなトリオはmarcin wasilewski trio (マルシン ヴァシレフスキ トリオ)。

マルシンのピアノが僕は大好きだ。
とにかく美しい。
音像が手触りとしてあるのは凄いことだ。
51j260ztrl_sl500_aa300_
http://www.youtube.com/watch?v=6K5wDvzFo4U&feature=related

彼らはアルバムでbjorkのhyperballadも演奏しているが、その目のつけどころもただならない。
新鮮な感覚で、しっかり今をとらえている。

数年前に、ポーランドのトランぺッターtomasz stankoのカルテットで来日って噂を聞いて慌てて調べたら、ポーランド大使館でのみ演奏ということだったので、ポーランド大使館に電話をかけてどうにか入れてくれ〜〜って拝んだのを覚えている。

日頃滅多に見たいライブがない僕にとっては、このときは本気でゲバ棒もってポーランド大使館に乗り込みたいくらいの衝動にかられたような、、、。

トーマスのライブも、、、ああ、もう、とろける、、、、。

51rfncvi8l_sl500_aa300_

http://www.youtube.com/watch?v=94dkiKOa6kk&feature=related

東欧の音楽は日頃なかなか触れることはないだろうけど、こうして自国の音楽を大切に温めてる人たちがいると思うとなんだか僕まで嬉しくなる。


ポーランドに行きたい。
いや、いっそ住みたい。

|

« これはセラピー。 | トップページ | my favorite player »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/38727290

この記事へのトラックバック一覧です: その手から溢れ出すメロディー:

« これはセラピー。 | トップページ | my favorite player »