« 古巣 | トップページ | 新入生 »

2011年2月16日 (水)

maikotobranco vs アバンギャル

2/15、maikotobrancoの新作に向けてのレコーディングを開始した。

とりあえず、新しい曲3曲を録ることが目標。
リーダーのこうどうさんは、予定では3時間で1曲と思っていたようだけど、僕はそんなに時間かけない。

仕事とかだと、スタジオを長く押さえればそれだけお金がかかる。
だから僕の意識は常に”ワンテイクオーケー”狙い。


マイクをたてて、音色と音量を調整するのに時間をかけて、録り始めたらジェットコースター。

録音始めて、約1時間半ですべてを終了。
聞き返す。

改めて聴いて、自分で”ああ、演奏うまくなったなぁ”と思った。


そんなスタジオレコーディング。
今日はパーカッションの松本ちはやんがレコーディング見学にやってきた。

演奏者が演奏だけでなく、録音にも興味を持つことはとても良いことだ。
やっぱりどうやって録ってどういう風になっていくのかは音楽をやる以上絶対知っておくべきだと思う。

マイク立てを手伝ってもらって、音も聴いてもらった。


休憩中、こうどうさんにちはやんが何やら質問している。
内容はギターのフィードバックについてだった。

110215_1649_01

110215_1634_01


まるっきりアバンチュールを楽しむギャル(通称アバンギャル)と化したちはやんは、こうどうさんに教えてもらったばかりのでっかい音でのフィードバックにご満悦。

まるで師弟。

意気揚々とふたりででっかい音を楽しんでいた。


すんなり太鼓録りが終わって時間がたっぷり余ったので、ギターを録ることにした。
モーレツにでかいギターの音から避難(笑)。


スタジオの外で、置いてあったドラムマガジンを見ながら、我らが師匠の話と太鼓のやシンバルの話で
ちはやんと盛り上がった。
こうどうさんは爆音レコーディン中。


スムーズにレコーディングを終えた。
いやぁ、ほんとに楽しかった。

テンポ200のエイトビートとか笑っちゃう。
16分の連打が速すぎて、ザーとかにしか聴こえないのを聴いて、3人で大ウケした。


こうやって新しい音源は着々と出来ていくわけです。

|

« 古巣 | トップページ | 新入生 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

俺も遊びにいきたいー!

投稿: おがわ | 2011年2月16日 (水) 02時48分

おー!
言って言って!
どんどん遊びにおいでよ〜ん!

投稿: よしじま | 2011年2月16日 (水) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/38888547

この記事へのトラックバック一覧です: maikotobranco vs アバンギャル:

« 古巣 | トップページ | 新入生 »