« open my eyes, and see! | トップページ | ブラフマーの眼 »

2010年12月13日 (月)

賽は投げられた。

12日、cubic starのリハーサル。

よりにもよって25日のクリスマスの日に、茨城は水戸にツアーに行くわけだけど、ま、クリスマスとはいえ特に何もすることないし、僕は基本的に世の中の行事ごとに全く関心がないので演奏をしてた方がいきいきしてると思うけど。
なんせ、自分の誕生日すら忘れるぐらいだし。


と、まぁ、そんなわけで、今回のツアー。
2ndアルバムの宣伝をかねた演奏をしなければならないところを、新曲の出来があまりにもいいので
アルバムから3曲、新曲2曲をやることに決めた。

今年の4月にメンバーが変わって今までやってた曲にこだわるのをやめて、次の方向性を打ち出していこうって思って作ったものだから、自分でも新しい発見があったけど、でもやっぱり正直辛かった。

自然発生的にバランスを変えてみようって感じならきっとよかったんだろうけど、メンバーチェンジはある意味ひとつの時期の強制終了であるといえる。

もう解散しようと本気で思いながらも、やめるならなにか作ってみて駄目だったときでいいかと思い直して同時進行で2曲一気に書き上げた。

辛ければ辛いときほど曲は明るくなったり、どしっとした強いグルーブを持ったりする。

よくある芸術家像で、”悲しいときに曲を書く”とか”失恋やら恋愛したときに曲を書く”とかあるけど、僕は無理。そんな生易しいことじゃない。悲しいときは悲しいだけ、恋をするなら他のことはほったらかし。

実際そ〜んなに器用ではない。
もしもほんとにそんなことができるなら、いかにも中途半端であまりにも幻想、、、と、僕は思うが。


感情は常にカオスだ。
叩き付けるようにものを作るし、力でねじ伏せたいとその時は思っている。


というわけでできた2曲は、”circle breaks down”と”across the Rubicon”。

完璧な輪を破壊してしまいたいという思い。
かつてカエサルが世界を変えるためにわたったルビコン河。

バランスを作り直す、それを怖がっていたら僕は永遠のマンネリの中にいることになってた。

賽は投げられた。
そういうことかな。

6でろ、6。
それで目的地まで一直線っっ!

|

« open my eyes, and see! | トップページ | ブラフマーの眼 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いや、7出してやろうぜ。

投稿: はるのすけ | 2010年12月13日 (月) 06時36分

あ、その手があったのかぁ!
あり、さいころって7あったっけ?

投稿: よ | 2010年12月15日 (水) 17時57分

せめて急行カード使いましょう

投稿: | 2010年12月18日 (土) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482886/38059153

この記事へのトラックバック一覧です: 賽は投げられた。:

« open my eyes, and see! | トップページ | ブラフマーの眼 »